イルデパン島から飛行機が飛ばない!その時の詳細を記載します!

ニューカレドニア旅行記の5日目にも記載しましたが、本来であれば、5日目の夕方にイルデパン島からヌメアに向かう予定でした。しかしイルデパンからの飛行機が飛ばなくなってしまいました。。

イルデパン島の飛行場で突然のアナウンス

まずは、ル メリディアン イルデパンホテルの最終日ということで島内観光が終わった後、名残惜しい気持ちでホテルで写真をとったり、コーヒーを飲みながら、ホテルよかったねーなんて話をしたりして過ごしていました。
そして、バスでイルデパンの飛行場に向かいます。
まずは荷物を預けて、フライトの時間まで待ちます。しかし、時間になってもアナウンスなど一切されず、いつになったら搭乗するのだろうかという感じです。
フライトの時間を10分ほど過ぎると、アナウンスが流れ出します。英語とフランス語なので、聞き取れずにいると海外の旅行者はすぐに預けた荷物を取りに向かっています。
飛行場の方にGoogle翻訳のアプリを使って、聞いてみると、「飛行機の機材の故障で飛行機が飛ばなくなった」と、、
えーっ!!って感じでした。
今日飛ばないなら今日泊まるはずのヌメアのホテルには泊まれないし、イルデパン島でどこに泊まるの?明日日本に帰るのに明日は大丈夫なの?
など色々と考えましたが、まずは泊まるところだと思い、飛行場の方に聞いてみました。
すると「ル メリディアン イルデパンホテルなら今日泊めてくれるはず、迎えがすぐにくるよ」と、そして、「明日は飛行機は飛ぶはずだよ」ということでした。
そんなやり取りをしていると、ル メリディアン イルデパンホテルの方が迎えにやってきました。一度バスに乗ってホテルに戻ることになりました。

再度ル メリディアン イルデパンホテルに

ホテルに戻るとホテルのレセプションの日本人の方から、「今日はホテルの負担でル メリディアン イルデパンホテルに泊まることができて、今日のディナーと朝食もつけてくれる」との説明がありました。
また、「ツアーなど変更や明日の日程は現地のツアー会社から電話がくるので、そこで話してください」と伝えられました。
そして、今まで泊まったところとは別の割当られたホテルの部屋にチェックインをして、部屋に一度荷物を置きます。
電話を30分ほど部屋で待ったのですが、かかってこないので、先に食事を済ませることにして、レストランへと向かいました。
レストランで食事をしていると、他の日本人観光客の方もレストランにいたり、レストランに来たりといった感じでした。

飛行機が飛ばなくなってツアー会社からの電話

食事をしているとレセプションの方が電話を持って来て、現地のツアー会社から電話がきているので、話してほしいと。電話に出て話をしましたが、すごくイマイチな対応でした。
何度も名前を間違える、翌日のツアーの話をしているのに何度も確認をする、飛行機は調整しているがわからないなど、
ツアーの方もテンパっていたのかもしれませんが、残念な対応です。
(私が鈴木だとします。)
ツアー会社:「田中さんですか?」
私:「違います。鈴木です。明日の飛行機やヌメア観光のオプションってどうなりますかね?」
ツアー会社:「飛行機は調整中です。オプションはそもそも入ってましたっけ?田中さんですよね?」
私:「鈴木です。明日のヌメア観光のオプションが入ってると思うんですけど。」
ツアー会社:「ちょっと確認します。」
ツアー会社:「(電話の先で)田中さんってオプション入ってる?入ってないよね?」
ツアー会社:「田中さんオプション入ってましたっけ?」
私:「…田中ではなく鈴木です。」
こんな感じのやり取りが続きました。また、飛行機についても、調整中ですとのことで、次の日にどう動いていいかは不明です。
他の日本人の方にも電話を代わって、一通り電話が終わり、他の日本人の方と話すとツアーはキャンセルもしくは2日ある方はツアーの日程変更、飛行機は調整中とのことでした。
その後食事をしていると、また電話がかかってきて、電話の子機を受け取り、ツアー会社の方からの電話です。
飛行機の時間についての電話でしたが、次の日に観光の予定があって、21時に日本への飛行機が出るにも関わらず、16時の飛行機になりました!と。
ヌメアで観光する予定でいたので、ツアーがなくてもどこかにいければと思っていたので、一応ですが、「朝早くても構わないので、飛行機の時間早く乗れませんか」と確認すると、、
ツアー会社:「(小声で)すでにそっちで調整してしまって」
ツアー会社:「いや!もう調整しているので無理です!」
…いや、「そっち」って言ってるってことは、朝早くいく便で調整できたってこと?しかもそれ小声で言う必要あるの?と本当に残念です。
他の日本人観光客の方も同じように飛行機の時間を伝えられ、電話でかなりヒートアップしている方もいました。
結局、飛行機の便をとってしまっているので、16時ということには変わらず、最終日はヌメアにほとんど滞在できないこととなってしまいました。
しかもイルデパン島でツアーや観光など行きたいところに計画してすでに行ってしまっているので、次の日何をしようといった状況でした。
次の日にヌメアで観光しながら、お土産を買う予定だったので、ル メリディアン イルデパンのロビーで、ネットがつながるのて、ネットで検索したりしていました。
あとは飛行機の時間まではまったり過ごして、いざ飛行場に向かいます。今回は無事飛びました!!
正直ヌメアにつくまでは不安でしたが、無事に到着してよかったです!

まとめ

正直ツアー会社の方の対応は残念な感じでしたが、飛行機のアクシデントで貴重な体験となりました。
あとで知ったのですが、イルデパン島とヌメアの飛行機が飛ばなくなることもよくあるそうなので、翌日に色々とオプションを入れたいという方は、1日余裕を持っておくといいと思います。
また後日ですが、今回の飛行機の件でキャンセルになった分はJTBの方が色々と対応してくださり、返金などの対応をしてくれました。現地のツアー会社とは違って、丁寧な対応でした。
おすすめの記事